ビオメディの販売店

ビオメディを販売しているお店について

ビオメディを一番お得に買える場所はどこなのか?
ビオメディの取扱店について探している人はご覧ください。

 

 

私はSNSでツイッターやインスタ、facebookなどでチラホラとビオメディを見かけており、そこで興味を持ち、
ビオメディの販売店を探してみたのがきっかけです。
そして、幾つかのショッピングサイトを確認しながらビオメディを安く購入できるショップを見つけて実際に買ってみました。

 

ビオメディを開けてみた

 

ビオメディの価格を比較した記事も下記にて載せていますのでごらんください。

 

ただちょっとその前に…
ビオメディというとスキンケアクリームで今人気ですが、なぜ人気なのか?
これを知らない人も多いと思います。

 

購入前に再度ご覧ください。
ちなみに私が実際にビオメディを購入し、ビオメディの浸けた感触を書いた記事もあります。

 

ビオメディと本

 

私もビオメディエッセンスミルクリームを購入しましたが、ビオメディは分類としてミルク美容液だったのですが使い心地は非常に滑らかで刺激も非常に少ないです。
そして、人気の理由は”今までのスキンケアとは異なる効能の美容液”であることが理由だと思います。

 

 

▼ビオメディをホントに格安で購入できる店舗▼

 


テーマは”皮膚常在菌”を利用したスキンケア化粧品だからですね。

 

まだあまり聞きなれない人が多いと思いますが、2018年以降ももっと注目される肌に滞在している菌を使用した肌ケア商品として有名になっていくと思います。

 

 

ビオメディの購入者の口コミとして多い意見が…

・ビオメディを使うようになって乾燥肌が嘘のように改善された!
・皮膚が弱い私ですが、ビオメディを浸ける様になってからにきび、赤みもビックリするくらい引いて目に見えて効果が現れた!
・値段もお得でコスパ良い
・あっさりしていて肌の馴染み具合も丁度良い
・ファンデーションのノリがかなりアップしたように感じる

 

上記のような意見も多くあります。
実際私もビオメディを使用している中で頷ける部分は多いですし、個人的には出掛ける前や道中でもサッとすぐにスキンケアが済ませられるのがビオメディの良いメリットだと思って使っています。

 

ビオメディ

 

biomedi(ビオメディ)は株式会社ラウンドリンクさんが販売されているものですが、スキンフローラ美容液としてナチュラルコスメを目的として素肌の常在菌の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることを目的として美容液。このビオメディが話題となり販売がスタートされています。

 

そして、このビオメディエッセンスクリームですがどこが一番お買い得な販売店かを探してみました。
すると下記の販売店から直接購入する方法が一番ビオメディを購入することが一番お得です。

 

こちらのページからはビオメディの通常サイズとなんと税込で540円で購入できるお験し用のビオメディエッセンスクリームがお選びできます。

 

どちらか気に入ったほうをお選びください。

 

▼ビオメディをホントに格安で購入できる店舗▼

 

ビオメディが売っているリアル取扱店舗はどこかあるの?

 

ビオメディの取扱店舗としてお近くのドラッグストアや薬局で売られているのか気になる人がいらっしゃると思いますが、そういった場所では販売されておりません。
なので、基本的にはネットショッピングサイトでビオメディエッセンスミルクリームを購入するしかありませんが、期間限定で以下のショップで売られていました

 

期間限定でビオメディを購入できた

 

デパート

 

★コレド室町
★エキュート品川
★新宿島屋
★横浜島屋

 

上記店舗で期間限定ショップとしてビオメディは販売がされていました。
しかし、2018年5月現在はリアル店舗だとビオメディは販売されておりません
上記のお店でもビオメディは7日〜20日間近くで短い間ですが、ビオメディは販売されていたので、またいつか定期的に販売がどこかでされるかもしれません。

 

ビオメディは他のショッピングサイトだといくらで売っている?

 

ビオメディ本体

 

まず始めに
ビオメディエッセンスクリームは他のショッピングサイトだといくらで売っているのか?

 

こんな疑問が浮かんでくる人も多いと思います。
まずはビオメディの販売価格をご覧ください。

 

ビオメディエッセンスクリームの定価

 

 

商品名 : ビオメディエッセンスミルクリーム

ビオメディエッセンスミルクリームは1品で4役のスキンケア化粧品としてあります。
用途は「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」としての役割を果たしていると言われていますが、
個人的には「美容液」としての役割が一番強く感じます。

 

皮膚常在菌のバランスを第一に考えた化粧品で肌本来の保湿力やバリア機能に自信がなくなった人には特におススメの新感覚化粧品です。

定価

容量

1本の使用量

3,996円(税込)

150ml

2.5か月分

 

ビオメディエッセンスミルクリームの販売価格は上記のようになります。
このように1本で2.5か月分も使用できるので、非常に嬉しいスキンケア化粧品であります。
モチも良いのでちょっと垂らして肌に使うだけでも肌に全体的に広がるイメージです。

 

このように定価で3990円で2.5か月分使えるのでお得ではあります。、
しかしビオメディエッセンスミルクリームは他にも販売店があり、それも記載してみました。

 

 

ビオメディを販売しているネットショッピングをリサーチしました

 

店リサーチ

 

ビオメディを販売している店をリサーチしました。

 

下記にてビオメディが売られている値段を各有名ショッピングサイトを順番に選んであります。
ビオメディの販売価格をamazon、楽天、yahooショッピングなどの価格を調べてみたので、
ご参考ください。

 

amazon(ビオメディ)

 

ビオメディamazon

 

まずamazonですが、ビオメディが売られている値段は4576円。
送料は別になってしまいますので、ご自宅にお届けを希望する場合はビオメディは大体5000円ちょっとで購入できる計算になりますね。

 

ビオメディは1本で2〜2.5ヶ月分なのでこれでも充分安い値段ではあると思います。

 

楽天(ビオメディ)

 

ビオメディ楽天

 

次に楽天です。
楽天ではビオメディは販売されておりませんでした。

 

楽天ポイントなどを使うとお得に購入できるのですが、取り扱いはないようです。
まだ楽天はビオメディエッセンスクリームを取り扱っていないようです。

 

yahooショッピング(ビオメディ)

 

ビオメディyahooショッピング

 

次にyahooショッピングのビオメディエッセンスクリームのお値段ですが
5342円でした。

 

amazonに比べるとyahooショッピングだとビオメディはちょっと高いですね。
ですが、ビオメディは150ml入りで使用量も多いので特別高いというわけではありません。

 

3社のネットショッピングでビオメディの価格を比較した結果

 

 

上記のamazon、楽天、yahooショッピングを比べてみるとビオメディエッセンスクリームのお値段は各社とも5000円前後です。
あと送料は別なので、これにプラスすると約600円〜1200円ほど地方によってお値段が増す形になります。

 

ビオメディに限らず、化粧品の場合は5000円の金額だとちょっと手を出すのに
迷ってしまう人もいらっしゃるかもしれません。

 

私もビオメディを購入するときに最初探していたときに
思っていたことが、
5000円だと試すにはちょっと勇気がいるし、どうしよう…
と数日間は購入を断念していました。

 

なので、ビオメディの販売店を再度ネットサーフィンをしながら
できれば、4000円以下で購入したい!と思い探していました。

 

そして、これらのショッピングサイトよりもビオメディエッセンスクリームをお安く買える場所を探すことができ、購入することに致しました。

 

結局どこの店がビオメディエッセンスクリームが安いのか?

 

ビオメディの各店の販売店のお値段。
上記の値段をまとめると下記の表のようになります。

 

 

amazon

楽天

yahooショッピング

4576円

販売されていない

5342円

 

このようにビオメディを買おうとすると上記のような値段になるため、一番お安く買えるショッピングサイトはamazonです。

 

そして、私が購入した店でもあるのですが、
ビオメディをもっと安く買える販売店が下記にて見つかりました。

 

そして、お値段は下記のように選べます。

 

 

 

上記のようなお値段でビオメディエッセンスクリームを購入できるページがあります。

 

しかも送料無料なのでかなりお安いです。

 

ビオメディエッセンスクリームをまずは安く購入して試してみたい人は下記のページから購入をしてみてください。

 

皮膚常在菌は、私たちの肌に常に存在する微生物です。
これらを上手に活用することができれば、ごく自然な”自己回復力”で肌の潤いやハリを保つことも可能になってくると思います。

 

ビオメディで上手くスキンケアをして肌の調子を整えてみてください。

 

 

▼ビオメディエッセンスクリームを送料無料でamazonよりも1500円以上安く買えるページへ▼