美肌断食

美肌断食

 

美肌断食。肌に過度な化粧品を浸けるのはどうなの?  

 

 

肌へのスキンケアは女性であれば、当たり前のようにやっていることで、それに使用する時間も非常に多いと思います。

 

中には「私は毎日すっぴん勝負よ。化粧なんてしたことないわ!」というパワフルな人もいらっしゃるのかもしれませんが、周りの友人には少なくともお化粧をしていない人はいらっしゃらないと思います。

 

例えしていなくてもナチュラルメイクや軽くアイシャドーやルージュ、刺激性の少ないファンデーションを部分的に使用は最低減されていると思います。
ですが、美容の用語で気になる文面として「美容断食」という言葉を聞いたことがあるので、ちょっと書いてみました。

 

 

美容断食ってどんな意味?

 

 

美容断食というのは一言でいうと、「化粧水や乳液を一切お肌に浸けずにそのまま就寝されること」のような意味です。
これの背景にあるのは、「お肌が最近劣化してきた」と感じている人が多く取り組んでいるようです。

 

そして、どんな特徴の人が美容断食をしているかというと

・肌が強張って固くなり始めてきた
・肌がくすんで透明感がなくなり、肌色がどんよりと黒ずんできた
・毛穴の開きが目立ってきて汚くなってきた
・明らかに化粧品を浸けたときに肌に染み込みが悪くなった
etc

 

など感じ始めた人が美容断食を取り組んできているようです。

 

確かにお肌自体が衰えてくるとこのような事態になってくる人は多いと思います。実際私自身も最近この傾向は強く感じますし、全部当てはまります。
一番が鏡を見る度にそのように感じており明らかに”見た目の老化”を感じ始めています。

 

そこで、私も美肌断食はやってみましたが、保湿や寝る前の生活習慣を実行してスキンケアをせずにして「なんとなく肌への効果はあった」ように感じています。
ですので、一度肌の活力が低下したと感じている人はトライしてみても面白いと思います。

 

 

美肌断食も良いけど少しはスキンケアしないと恐い

 

「美肌断食をするのは、良いかもしれないけどなんだか恐い」
「やっぱりそれよりも肌劣化が怖いしやったことはあるけどあまり効果なかった」
「化粧のノリが逆に悪くなった」
「保湿が低下して肌がボロボロになってしまった」

という人もスキンケアを抑えた結果ダメだったという人もいると思います。

 

 

基本的にはスキンケアを止めることもアリだと思いますが、肌質や環境は十人十色なので仕方ないですね。もしこれが気になる人はビオメディを浸けるという方法もあります。
ビオメディの場合は化粧品とはちょっと違った目的の化粧品ですので、美肌断食にも有効だと言えます。

 

 

肌の活力アップに夜浸ける美容液

 

 

夜浸ける美容液として、化粧品とは異なり肌の自活力をアップさせる目的であるビオメディはかなり的を得た化粧品だと言えます。
化粧品ではありますが、成分も肌に取りこむ目的はでないもので、肌表面の菌の活性による肌回復力を第一として考えて作られたものです。ビオメディの販売店も本サイトで書いています。

 

 

その他ビオメディの使用感なども詳しく知るためにワタシも実際購入してみました。
お化粧をしている時間をなるべく短縮させたい人や肌自体のパワーが少なくなったと感じて悩んでいる人には良い効果を発揮してくれると思います。

 

 

私自身ビオメディで肌のキメや毛穴の開きは大分改善されたので、中々リアルに効果が出た数少ない良質な美容液だと思いました。