ビオメディ 注意 肌トラブル

ビオメディの肌トラブル注意点 

 

 

ビオメディを浸けた場合に注意した方が良いところとして、あるのが含まれている成分が自分の肌に合っているかどうかという点です。

 

ビオメディの注意点として「ビタミンC」が肌に合わない人は止めた方が良いということが言えます。

 

 

 

敏感肌の方でもご使用いただけるようい低刺激処方で作っておりますが、多方面に効果が高い成分としてビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(製品の抗酸化成分))を高配合しております。

極まれにビタミンCがお肌に合わない体質の方がいらっしゃいますので、過去に美白化粧品などが肌に合わなかった、ビタミンC系でトラブルがあったという場合は、パッチテスト(腕などに塗って一定時間放置し、赤みが出ないか確認する)を行ってからご使用いただくことをお勧めしております。また、万一肌に異変が生じた場合はすぐにご使用をおやめください。

 

上記のような内容がビオメディでの肌トラブルの要因として、注意書きされています。

 

 

内容としては「美白化粧品の成分として有名なビタミンC誘導体の成分も高く含まれているので、過去に肌トラブルの経験があった人は気をつけてくださいね」ということになりますね。

 

 

おそらくほとんどの人が過去にビタミンC誘導体の成分を含んだものを使ったことがあると思います。私の感覚ですが、化粧水の4本に1本は含まれている気がするのでわかりやすいと思います。ビタミンC誘導体で肌トラブルになるケースは極めて低いと思いますが、ビオメディ化粧品の唯一といって良い注意点とも言えます。

 

 

ビタミンC誘導体についてちょっと知っておこう

 

 

ビオメディに含まれているビタミンC誘導体ですが、
これには種類があり

@テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
Aリン酸アスコルビルMgマグネシウム
Bリン酸アスコルビン酸ナトリウム
Cアスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸

などが代表されると言われています。

 

 

 

そして、ビオメディに含まれているのが@テトラヘキシルデカン酸アスコルビルですが、これは乳液やクリームなどの保湿液に含まれているビタミンC誘導体タイプの成分で数多くの化粧品に使われています。

 

 

 

ですので、ビオメディに含まれている@の成分も非常に安心だと思います。

 

そもそもビタミンC誘導体で肌トラブルや副作用というのは、聞いたことがないので気にするほどの事はないと言えますが、念のため知っておいても良いことだと思います。

 

 

 

ビオメディは私も使っていますが、印象としてはかなり評価は高く、ビオメディの口コミでも評判は非常に高いです。
ビオメディ販売店の記事では比較してどのサイトがビオメディを安く買えるのかも載せてありますので、気になる人はご覧ください。