美肌菌 自宅

美肌菌を自宅で整えよう

 

ビオメディ化粧品を購入しようと思っている人は、一番が肌の再生力を自己治癒力で補ったり、保湿、毛穴を整える、肌バリアをUPさせるなど要望は有ると思います。

 

 

全般的に美肌菌をバランス良くお肌に整えるような状態にして、さらに善玉菌(表皮ブドウ球菌)の量を底上げできるようになれば肌の保湿もかなり良くなるので、結果的には肌を若々しく保ったり、スキンケアをしてより効果を期待できるようになったり、何年も先のことを考えるとこの差が見た目に大きく影響してくるのは間違いないと言えます。

 

 

そして、美肌菌を上手く整えることは自宅でも可能です。

 

 

どうやって美肌力をUPさせるの?

 

 

自宅でも美肌力=美肌菌をUPさせることは可能です。セルフ美肌菌UP方法ですが、カンタンに言うと「化粧品を使わないこと」になります。基本的には化粧品はいろんな成分が沢山含まれていてそれが肌に取って良い影響を与えるものは、数少ないです。

 

 

香料や揮発剤は肌にとってはできれば触れさせたくないものと言えます。しかし、化粧品として完成させるためには成分の結合や使い心地、爽快感の演出のため使われているものがほとんどですね。ですが、肌にとっては良い影響を与えていないと言えます。

 

 

ですので、できれば肌断食として「1年に何度かはすっぴんにしましょう!」と雑誌で書かれているのは、そのためだと言えます。

 

 

美魔女と呼ばれる人も肌に対して刺激性の強い化粧品を使っていない人が多いですが、恐らく自分で編み出した自分に合った一番のスキンケア療法を研究した結果なんだと思います。そして、それに共通するのは「化粧品を使わない日を作る」という事になると思います。

 

 

具体的にどうスキンケアのバランスを取るのか?

 

美肌力を高めるからと言ってただ単に無防備に「化粧品を顔に浸けなくすればよい!」かというとそうゆうわけではなくあくまでポイントがあります。まず大事なのは洗顔のやり方ですが、これについてもかなり重要ですね。美魔女の人は洗顔料を使用しない人もいますし、洗顔料を使用するタイプの人は一般的な洗顔料を使用して洗顔している人はほとんど聞いたことがありません。(少なくとも私は見たことがない)

 

 

 

そして、洗顔料に対しては、選んで使っても共通点があり、「洗浄成分が少なく、肌の保湿を考えて作られた自然派固形洗顔石鹸」を使っている人が多いです。それだけ、洗顔は重要です。洗顔一つで顔の美肌菌のすべてを殺しかねないので気をつけて洗浄する必要があります。ですので、今まで洗顔料を適当に選んで使っていた人はすぐに止めた方が良いです。特に美肌菌を気にされる人は注意が必要です。

 

 

そして、この洗顔石鹸でおすすめなものが一つあります。それはビオメディエッセンスモイストソープと呼ばれるビオメディの洗顔石鹸です。レビューも書いてありますので、良かったら参考にしてください。しかし、同時にこの部分はとても大事なことなので洗顔は特に気をつけましょう。

 

 

 

さらに詳しく美肌菌を増やす方法を具体的に知りたい

 

 

美肌菌を増やす方法として以前テレビで紹介された内容があります。放映された番組はNHKの美肌菌情報の番組ですが、過去ログとしてそれをまとめた記事がHPに載ってあります。気になる人は一度ご覧ください。
引用元:https://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2017/102/269037.html
(美肌菌は"育菌"できる!?)

 

 

これにも似たようなことが書かれています。
そして、美肌菌を上手く整えて増やす事によってどのような効果が期待されるのかについても詳しくありますので参考にして見てください。

 

 

美肌菌は自分でも整えることができますが、どうしても限界はありますしやはり齢を重ねていくと菌を発する量も若い時と比べて衰えていくのは自然の摂理です。

 

 

 

ですが、美肌菌を保つことによって肌に余計な負担をかけずに綺麗にすることが可能だと言えますので上手に活用してみてください。そして、ビオメディ化粧品を上手く活用すればお肌への負担をほとんどかけずにスキンケアさせることが可能だと感じますし、お肌の事を第一に考えて他の化粧品と比べてもかなり少なく成分を厳選していますので、自宅で美肌菌を増やす心掛けをしながらビオメディ化粧品を活用されることも非常に有効だと思います。