ビオメディ 特徴

ビオメディ特徴

ビオメディのキャンプを空けた

 

ビオメディは肌に常在する美肌菌を活性させる目的で作られた化粧品といえます。
ただこの菌についてよくわからない点も多いと思います。

 

この点を抜粋して書いてみます。

 

まず皮膚に常在する菌というのは大きく分けて4つに分類するとわかりやすいと言えます。

 

美肌菌の特徴を動画で見る

 

 

 

上記は美肌菌の特徴を含めて説明した動画です。
美容外科で美肌菌ドックをスタートした紹介VTRですが、美肌菌について少し理解が深まるのではと思います。

 

4つの皮膚常在菌

・表皮ブドウ球菌
・アクネ菌
・黄色ブドウ球菌
・マラセチア菌

のこの4つが肌に在中する菌と言われています。

 

 

他の美肌菌に対するお医者さんの見解や記事、情報も大体この4つを視野にして語られていることが多いですね。

 

 

そして、それぞれを説明していくとまず「表皮ブドウ球菌」。

 

 

これは、腸内環境でいう”善玉菌”の役割を果たしていると言われています。どういった役割かというと”皮脂膜を表面上に生成することから肌を乾燥と刺激からガードしてくれる大切な存在”と言われております。いわゆる肌荒れなど乾燥を防ぐセラミド的な役割だと言えます。

 

 

 

なので、肌に常在する菌でも比較的大事なポジションに位置する菌です。

 

 

次に「アクネ菌」についてですが、これはニキビの原因とも言われており、嫌なイメージのほうが強いですよね。
しかし、”肌を弱酸性にしてくれる菌”と言われており、反面こちらも大切な菌と考えられています。

 

 

ただ増えすぎると”ニキビが多くできてしまう原因”にもなってしまうのでそれが厄介だと言えます。次に「黄色ブドウ球菌」ですが、これは悪玉菌に分類されることが多いです。肌の抵抗力が低下していくと逆に増える菌として知られています。

 

 

これは炎症を悪化させたり肌荒れトラブルの原因にもなると言われており、この菌が肌に多くある状態は好ましくないと考えられています。肌バリアが低下してきて「最近肌荒れが酷くなってきたな…」と感じてきたらおそらくこの菌が増えてきている兆候だと思ったほうが良いです。次に「マラセチア菌」ですが、こちらも悪玉菌に分類されます。

 

 

”ニキビやアトピーの原因”とも言われておりこちらも皮膚に滞在している状態として多く発生していると好ましくないと言われております。

 

 

 

皮脂を好んで増えるため過剰な脂発生をしやすい状態に顔があるとおそらくこの菌が発生してくると考えられます。なので、脂っぽい肌になってきたと感じたらコマめに肌の脂を取り除くように洗顔などを心掛けたほうが良いと思います。

 

 

善玉菌と悪玉菌について

 

 

このように肌に常在している菌は善玉と悪玉の2種にも分けられますね。それぞれ区分けの仕方は肌にとって良い効果をもたらすものと悪い効果をもたらすものとして分けられると言えます。このように肌の表面は鏡で見ただけではわかりませんが、菌がターンオーバーや回復、肌の衰え、荒れに密接に影響しているという事がわかると思います。

 

 

どちらも自然に出てしまう菌でありますが、このバランスを調整することができれば肌を潤い、ハリ、綺麗に保つことも可能というわけです。

 

 

なので、ビオメディの化粧品で菌を肌に対して非常に重要な役割を担う事になっているため上手く活用することができれば今までとは違う方向のスキンケアができることになるためやる価値は高いと思います。

 

他にも本サイトにはビオメディの使用感についてや販売店情報も記載しています。
ビオメディに興味がある人はごらんください。