美肌菌 洗顔

美肌菌洗顔

洗顔

 

美肌菌を増やす方法としては洗顔のやり方も重要になります。
特に今まで意識せずに洗顔をしている人で肌の菌をケアしつつ洗顔をしたい人は気をつけてください。

 

 

まず美肌菌を維持したまま洗顔をやる方法として
気をつけることは

 

刺激の強い洗顔料と使わない
洗い過ぎない
摩擦をなるべく避ける

 

 

上記のように洗顔をすることを気をつけるようにしたほうが良いです。

 

@刺激の強い洗顔料を使わない
これについてですが、肌に常在する菌は善玉菌、悪玉菌が滞在します。

 

これが両方とも傷つきなくなってしまう可能性が大きくあります。

 

そうすると、肌の活性酸素も増えだし、バリア機能も失い肌ダメージも大きくなりやすいです。
肌荒れ、炎症を起こしやすく、ニキビケアもされにくくなります。

 

A洗い過ぎない
これも上記に似ています。
肌の常在菌が失われやすくなります。

 

そして、肌が傷つきます。
善玉菌、悪玉菌ともに美肌を保つにはバランスが必要なので気をつけるべきことです。

 

B摩擦をなるべく避ける
これは、洗顔後のケアです。
タオルを使って拭くことが多いと思いますが、なるべく素材として粗いものは避けたほうがベストです。

 

柔らかい肌のさわり心地が良い物を選んで使うことが良いでしょう。

 

 

洗顔を間違えると肌が一気に老化する原因になる

 

肌老化

 

洗顔を間違えると美肌菌が失われ一気に老化する原因になります。
このため洗顔はしすぎないほうが良いというわけです。

 

ビオメディ化粧品のように肌の善玉菌を増やす、バランスを整えるスキンケアをする上ではまず下地としてこの洗顔を正しくやらないと効果が半減する原因にも繋がります。

 

ですので、洗顔はできれば刺激性が低いものでやるようにしましょう。

 

ぬるま湯洗顔もおススメではありますが、肌がある程度キレイになった後は良いと思いますが肌が元々汚い人はできれば肌の奥の細胞にくっついた酸化した皮脂や肌荒れ原因にもなりますので、まずは良い洗顔料を使い洗顔をする上では泡で洗うイメージを強くもって擦らない意識が大切です。

 

 

肌の常在菌を増やすには美肌菌の化粧品であるビオメディの販売店に詳細は記載しています。
美肌菌を増やしたいと思っている人は参考にしてください。